ページ

2024年6月12日水曜日

 

6月11日(火)

5・6年生 「じょうぶなほねをつくろう」
 

 

給食の先生が,5・6年生の教室で,カルシウムの話をしてくださいました。 


 

 

 

 

 

 


じょうぶな骨を作るためにはカルシウムが必要で,20歳までしかカルシウム貯金はできないのだそうです。

・子どものうちに,しっかりとカルシウムを取ること。

・牛乳はカルシウムの吸収率が大きいこと。

・カルシウムを含む食材。

いろいろなことを教えてくれました。

 

牛乳はしっかり飲めたかな?

今日のメニュー,「ねぶとの南蛮漬け」の「ねぶと」は食べられたかな?

 

カルシウム貯金は20歳までです。

今のうちに,カルシウムを含む食べ物をしっかり食べましょう!

 

 

給食の先生(栄養教諭の先生)は,給食の献立を考えるだけでなく,今日のように食に関する指導もしてくださいます。

次は何年生に来てくれるかな。

楽しみですね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

給食の先生が5・6年生の様子を見て,「仲のよいクラスですね!」と言われていましたよ!

2024年6月11日火曜日

 

6月10日(月)

人権週間の取組 「全校リレー」(たてわり遊び)

 

人権週間の取組の一つである全校遊び「縦割り班対抗の全校リレー(折り返しリレー)」を行いました。

 

「縦割り班のみんなが一生懸命走るのはもちろんですが,応援もいっぱいして,仲良くなれるといいなと思っています」

という運営委員さんの始めの言葉でリレー開始。

 

みんな,力いっぱい走りました。

もちろん,応援も力いっぱいでした。






















一回目の後,「もう一回しよう!」ということになり,2回目も全力で走りました!

2回目の後,「もう一回やりたい」というつぶやきも聞こえてくるほどでした。

子どもたちはとても元気です!

 

2回のリレー後,3名が次のような振り返りを発表しました。

「負けても泣いたりする人がいませんでした」

「2回とも負けたけど,みんなで縦割り遊びができてよかったです」

「負けたけど,2回走っている人もいてすごいと思いました」

 

終わりの言葉では,

「これで人権週間は終わりますが,今日みたいに,全校や他の学年の友達と声を掛け合い,仲良く遊びましょう。これからも,クラスで決めた目標を守って,よりよい竹小学校にしましょう」と,運営委員さんが人権週間を締めくくってくれました。




2024年6月6日木曜日

 

6月5日(水)

人権週間の取組 「たてわり班給食」

 

人権週間の取組として,縦割り班ごとに給食を食べました。

教室で給食の準備をして,縦割り班の教室に給食を運びます。

 


 

 

 

 

 

 

 

1年生の給食は,5・6年生が運んでくれました。



 

 

 

 

 

 

 

 1~6年生が一緒に,お互いの顔を見ながら,楽しく給食をいただきました。



 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 たてわり給食の後は,体育館や運動場,教室などで縦割り遊びをして交流しました。



 

 

 

 

 

 

 来週の全校リレーも楽しみですね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ふわふわの木の実もどんどん増えています。

「いつも仲よく,ほかの人と楽しく遊べていいね。」

「3・4じかん目にクロームブックのカードをあつめるときに『おねがい』と言えてすごいね。」

「私が体調がわるかったときに,しんぱいしてくれたのがうれしかったです。」

 


 

 

 

  

「すごいね!」「うれしかったよ!」の気持ちがたくさん集まっています。読んでいるだけで,うれしい気持ちになります。

2024年6月5日水曜日

 

6月4日(火)

5・6年生 税について勉強したよ
 

税理士の方を講師にお迎えし,5・6年生が社会科の時間に税について勉強をしました。

消費税を取り上げ,お店に払った消費税分がどのような流れで使われるようになるのかを勉強した後,身の回りの施設など税金によってつくられたり運営されたりしているものについてカードを仲間分けしながら考えました。

 


 

 

 

 

 


小学生一人当たり,1か月に約8万円の税金が使われていることを知り,1年間なら何円? 小学校6年間なら何円?と計算し,その金額に驚きました。また,アニメ(動画)で,税金がなくなったら,社会がどんなふうに変わるのかを学び,税金の役割について考えを深めました。

 最後は,順番に「一億円」の10kgの重さを体感しました。



 

 

 

 

 

 

 <子どもたちのふりかえりから>

「今日見た動画で,税金がなくなった世界だったら,なんでもお金をはらわないといけなくて,とても大変だったから,私は税金のある世界がいいなと思いました」

「今日,黒板にカードをはったとき,学校は給食費などがあるから税金は使われていないのかなと思ったけど,一番身近な教科書に税金が使われていてびっくりしました。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

授業を終えた税理士の方が,「子どもたちが元気で,(授業をして)とても楽しかったです。あんなに発言ができるなんてすごい5・6年生ですね。(校長室に掲示していためざす児童像「わかり合う子・かんがえる子・たすけあう子・けんこうな子」を見て)めざす児童像どおりの子どもたちですね。」と言ってくださいました。とてもうれしかったです。

2024年6月4日火曜日

 

6月3日(月)
人権週間が始まりました。

 

63日(月)から,人権週間が始まりました。

児童朝会で,校長先生から,やさしい心で行動することについて話があり,みんなで「岡山県子どもいじめ防止宣言」の内容についても確認しました。

 

その後,各学級の目標を代表者が発表しました。



 

 

 

 

 

 

1年生【みんなでいっしょになかよくあそぶ】【ふわふわことばをつかおう】

2年生【みんなでルールをまもり,なかよくべんきょう,なかよくあそぶ】【やさしい言ばと こうどうを がんばろう】

3年生【人がいやなことは自分もしない】

4年生【一人一人がけじめある行動をしてあったかい言葉があふれるクラスにする】

5・6年生【思いやりや協力,助け合いを意識しよう】【マイナス言葉ではなく,プラス言葉を使おう】

みんなで決めたクラスの目標。

みんなで一緒に,取り組んでほしいと思います。

 

そして,初日の「ふわふわの木」の様子は↓こんな感じです(撮影後もどんどん実が増えています)。




 

 

 

 


みんなががんばったことや,やさしい行動などを実に書いて貼っていきます。

「いつも元気いっぱいで,竹小がキラキラしているよ。とてもいいね。」

「今日の人権目標を発表するとき,二人同時に言うところは言いやすいように『せーの』と言ってくれてうれしかったです。」

「いつも あさに おはようと いってくれて ありがとう」など,友達のいいところを見つけられています。

これから,どんどん実が増えていくのが楽しみです。                                          

 

65日(水)は,縦割り班での給食,

610日(月)には,全校遊びとして「全校リレー」を行います。

みんなが気持ちよく,お互いを思いやりながら楽しい時間を過ごしたいです。

 

人権週間をきっかけに,やさしい気持ちがいっぱいの竹小にしていきたいと思います。

2024年6月1日土曜日

 

5月24日(金)~30日(木)

協力して体力テストをしました

 

体力テストを行いました。

種目は・・・・。

・50メートル走

・ソフトボール投げ

・20mシャトルラン

・握力

・反復横跳び

・上体起こし

・長座体前屈

・立ち幅跳び

 

これらの種目を数日に分けて行いました。

複数学年で協力して,ボール拾いをしたり,数を数えたり・・・・。

学年を超えて,互いに応援できるのもいいところです。

 

1年生のシャトルランは,6年生と一緒に行いました。

6年生が1年生のシャトルランの回数を数えてくれます。

もちろん,走っている1年生を応援してくれます。

1年生のシャトルランが終わって,6年生のシャトルランを始めるとき,

(6年担任)「1年生が(体育館に)残って,応援してくれるって」

(6年生)「やった~(拍手)」

そんな微笑ましい場面がありました。 









いろいろな学年が一緒になって行った体力テスト。

体力の測定だけではなく,互いの関係も深まったなぁと感じています。

 

































体力テストの結果から見える傾向は,6月12日(水)の学校保健委員会で,体育主任が保護者の皆様にお伝えします。

2024年5月29日水曜日

 

5月23日(木)
代表委員会「人権週間の取組」について話し合いました


6月3日(月)からの1週間は,竹小学校の人権週間です。

人権週間に向けて,各クラスの代表がクラスの意見を持ち寄り,どんな取組をするのかを話し合いました。








<決まったこと>

・人権目標(各クラスで作成)

・縦割り班給食

・ほめ言葉のシャワー

・全校遊び

・あいさつがよくできる人の表彰

・ふわふわの木(友達のよいところ見つけ)

 

話し合いでは,

「表彰されなかった人が嫌な気持ちになるのでは?」

「(よいこと見つけが)一部の人にだけならないか」という,反対意見や疑問点が出されました。

それらに共通しているのは,「いやな気持になる人がいないようにしたい」というやさしい気持ちです。

どうすればいいのかを話し合うことで,相手を思いやることについてより深く考えることができました。

 

みんなで考えた人権週間の取組で,思いやりの気持ちが広がるといいなと思っています。